ブログトップ

ローゼンクレイスタジオ(陶芸教室 熊本)

mrosen.exblog.jp

陶芸教室

d0114485_16414513.jpg

 夏へ向かって、緑がぐんぐん濃くなっていく。そこで、日々土に親しんでいるローゼン陶芸教室の皆さんは考えた。     
   森へ行こう!
 パワーを探しに【屋久島へ」。・・・ということで、第2弾!陶芸教室研修旅行を準備中です。
 6月23日(土)~24日(日)1泊2日の旅  費用:約¥33000
(教室以外の方もモチロンOKです。)
 ご連絡、お問い合わせ、はローゼンまで:362-6852 または080-5362-3225
   皆さん、お待ちしていますよ!
 
d0114485_20284354.jpg

 ひだりの写真(ナショナルジオグラフィックより)は、北カリフォルニアの樹齢3000年をこえるセコイア(杉)。今から十年程まえ、私達家族は、サンフランシスコに降り立った際、この巨大セコイアに惹かれ、この森を訪れたことがある。そこには、確かに、セコイア達の精霊が漂っていた。何千年も生き続ける巨大木から発散される神聖な空気は、訪れた人々に健全なパワーを与え続けてくれていた。
 木の精霊は確かにいると思う。



d0114485_16423781.jpg


 実をいうと、私は昔、杉(セコイア)娘だった。昨今、外材の影響でふるさとの山は、悲しいくらいに荒れてしまっているが、山から山へと飛び回って遊んでいたのである。つまり私の体の一部は杉で出来ている。・・・・・
.小国にも、結構巨大な杉やイチョウの木などが、記念物としてあちらこちらに点在しています。皆さんも機会があったら是非出かけていって、木々から発散されるエネルギーをもらってきて下さい。近くには、有名、無名の温泉地もたくさんあります。
癒される事間違いなし!
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-05-25 17:04 | | Trackback
d0114485_16585766.jpg

 ローゼンクレイスタジオの一角。・・・伸び放題の緑をかき分けて、たどり着いたらそこに、素敵なスタジオが・・......。教室の皆さん,「この写真どこ?」って言わないで・・・・。


d0114485_1659517.jpg
d0114485_1704980.jpg

 今夜のクラスは、電気ロクロが,フル稼働。それぞれが思い思いの作品に向かいます。
d0114485_1712236.jpg
Mr.Hide:一見、物静かな方。実は、心の中は熱中時代。ピュ~ンピュンと慣れた手つきで手ロクロを回される。味わいのある器が出来上がりそうです!







d0114485_17395094.jpg

        はるえさん:今夜は色彩デザイナー。下絵付けに色がありすぎて悩みます。
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-05-23 17:30 | Trackback
d0114485_16221165.jpg
恵美子さん作(手前):
 一昨日、あと一歩のところで窯が壊れた!
 打ちひしがれていた2日間を過ごし、今朝窯を開けてみると、なんと、恵美子さん作の屈強なトトロが割れもせず、灰をかぶったまま、元気に窯から飛び出した!おかげで、落ち込み気分から回復。 この窯から、今まで何匹のトトロが生まれ出てきたことだろう。それぞれの作者のトトロがそれぞれの我が家で鎮座している姿を思うとき、思わず笑みがこぼれてしまう。トトロの魅力は、不滅だ。
                
d0114485_16224524.jpg

 話題変わって。本日より、福岡三越を皮切りに【西部工芸展」が始まった。今回、悩んだ挙句、初めて自由作品の部に出品してみた。なぜなら、私の作風が、この伝統重視の素晴らしいプロの方々の集まる展覧会に受け入れてもらえるのか少々疑問があったからだ。
 「自分の生きた証を」と話されていた、人間国宝の陶芸家・鈴木 おさむ氏の重い言葉が耳に残る。年齢にとらわれず、これからもまた、自分のペースで進化し続けたいものである。

 巡回展なので、熊本には、6月13日~19日(鶴屋デパート)にやってきます。皆さん是非、ご高覧ください!
ローゼン陶芸教室の皆さんは、私の作品を、すぐに見つけてくださるに違いありません。 
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-05-22 17:06 | 作品 | Trackback
d0114485_2081514.jpg
 諏訪の旅から戻ってこられたローゼン教室の祥子さん。:(人生の大先輩にいきなりファーストネームで、失礼します。)
 今日は、旅の土産話を一杯持ってきてくださいました。諏訪といえば、私の頭に浮かぶのは、フォークアートを描き続ける【原田 泰治」氏や人形作家の「与 勇輝』氏の事。・・・私もいつか、諏訪を旅してみたい。
 
 ローゼンクレイスタジオには、本当に魅力的な方々が大勢いらっしゃいますが、中でも心から素直になれる、ホッとする空気が漂っているこの方が来られると、安心します。
 おおらかで、人を包み込むようなやさしさと知的魅力タップりの祥子さんは、私達の守護神なのです。 感謝!


d0114485_2085273.jpg
 感謝:といえば、陶作品造りに負けないくらい、大好きな【包む」作業。贈り物にと買っていただいた作品は、心を込めて、【包む】作業に勤しんでいます。
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-05-21 20:47 | | Trackback
d0114485_20495296.jpg

          「五月雨の降り残してや光堂」・・松尾 芭蕉
 
 この木版画は、松尾 芭蕉に傾倒し、奥の細道を一人旅しながら製作していかれた、我が恩師【坂田 燦先生」の作品の一つです。
 この5月2日~6日まで、県立美術館分館にて、大々的な版画・洋画の展覧会を開かれ、今現在、つなぎ美術館にて6月20日まで引き続き開催中です。
 
大地にしっかりと根をおろした大木のような力強さと豊かさを感じる作品の数々が心に響く。
 思えばその昔、13歳の春、中学校の美術教室での先生との出会いが、私の美術人生の原点であったように思う。
 画家として、教育者として歩み続け、現在も県立美術館にかかわられておられる先生の生き様は、今でも私を励まし 続ける。 
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-05-21 00:08 | | Trackback