ブログトップ

ローゼンクレイスタジオ(陶芸教室 熊本)

mrosen.exblog.jp

陶芸教室

d0114485_19564484.jpg
【手タレ】【足タレ」・・聞きなれない単語が飛び交う、本日のローゼン陶芸教室。きょうは、生徒さん方の会話で一つ賢くなりました。
手タレ、とは、コマーシャルなどで活躍する手の専門タレント、従って、足タレ、とは、足専門のタレント。なのだそうです!皆さん知ってました?
 なんだかものすごい響きの省略単語です。
そんなおしゃべりをしながらも、生徒さんの手は動く、動く、そんな皆の手の動きを見ていたら、手というからだの一部が素晴らしく芸術的に見えてきた。




 物を創る手は美しい。 まるで楽器を奏でてるよう♪~
d0114485_19491273.jpgd0114485_19493231.jpgd0114485_195083.jpg










d0114485_19503599.jpgd0114485_19505266.jpg







そして、その手で出来上がった、本日の作品!  音を形に仕立て上げたような!
  左から、あき子さん作「マグカップ」  けいこさん作「角皿」  祥子さん作「葉っぱ皿」
  セイコさん作「ぐい飲み」・・・・など。
  皆さんりっぱなものです!
d0114485_19521586.jpgd0114485_19523277.jpg
d0114485_19525086.jpg
d0114485_19514376.jpg

  さて、今から、乾燥にはいります。
  勝負所は、釉薬掛け~♪ですね。
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-06-11 20:07 | Trackback
d0114485_16402980.jpg
「(与 勇輝の世界):6月10日まで。鶴屋にて開催。

 いつか是非、本物の人形に出会いたい!とず~っと思っていた。
 彼の世界は独特だ。昭和の匂いがひしひしと、伝わってくる。人形達の前に立つと、切なさ、懐かしさ、愛おしさの感情が高ぶってくるのだ。
 特に終戦後の日本の家族の生活が伝わってくる作品がたくさん展示されてたのが印象深く、うれしかった。貧しかったあの頃だけど、家族愛、助け合いの精神が生き生きと表現されていて、それが郷愁をさそうのか、と思う。
 過去から未来へつながっていくその真ん中に立ち、日本の伝統美を人形に魂を吹きこみ表現する。彼の、みごとな技と才能に感動の時間を過ごした。
d0114485_2192625.jpg

  「もう帰ろうか」
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-06-10 17:27 | 展覧会(Exhibition) | Trackback
d0114485_20453259.jpg
穏やかな一日。天下の熊本城を眺めつつ、フラリフラリと伝統工芸館へ向かうと・・・
「温故知新」・・・こんな言葉が私の体の中へ、熊本城方面から流れ込んでくる~。
 そして、あった!「温故知新」の看板が!
 





d0114485_20465537.jpg
d0114485_20455986.jpg


d0114485_20462067.jpg

 


 
                                   
                                        



「古きを学び、新しきを知る」
 このお店を経営されてる、上野御夫妻のコンセプト。そしてお店の名前もズバリ!「温故知新」
 先人の使われた布地や品を生まれ変わらせ、今の時代に生かす。生き返らせる!
 素敵ですネ。魅力的な品々がいっぱい、いっぱいありました。



d0114485_2132029.jpgd0114485_21321918.jpg
そして・・・・光に向かって飛び込む蝶?のように、美しい灯りに吸い込まれていく。
和紙をすき、色をつけ、それをランプシェードに作り上げる。光の魔術師「Mr.赤瀬」
 美しい光がそこに。人間にとって理屈抜きに美しく感じる「黄金比」。その芸術的数字をピラミット型に作り上げたこの形。さすがですね!私が惹かれ、飛び込んでいったわけですよ~。
 本当に魅惑的でした。(すみません、今回はとりあえず灯りの方です。) またいつかお会いしたいものです。



 そしてテクテク、器季家へ向かう。
 しょうぶ園主催の和紙展!です。本日は、和紙すきのワークショップの日。実演を見学したくて覗いてみると、いた!いた!。丁度、きゅうす作り出来上がり一歩手前の、あの、博子さんが。
一生懸命、和紙すきに没頭中。・・・・物作りって本当にたのし~!
d0114485_21492924.jpg
d0114485_21494717.jpg

  「素敵な和紙ランプが並んでいます。
  器季家のオーナー「ハンサム久美子」の顔も見え隠れ!幸せそ~。」

    器季家の和紙展は、6月17日(日)まで。皆さん是非お出かけ下さいネ!
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-06-09 20:59 | 展覧会(Exhibition) | Trackback
d0114485_1642556.jpg

 ローゼンクレイスタジオ・金曜クラスには、今年還暦を迎える生徒さんが2人いらっしゃる!本日は、製作に没頭の合間、還暦を心静か・・に祝ったり、研修旅行の打ち合わせをしたり、やっぱり賑やかなクラスとなりました。・・・・・・・「一体どの方?」
d0114485_1640328.jpgd0114485_1640337.jpgd0114485_16405368.jpg
製作に没頭する面々
d0114485_16505567.jpg




  
     娘へ::遠く離れて暮らすお嬢さんへのプレゼントを創る!みやこママ。愛情込めて、勢い良く粘土をカ~ット!
d0114485_1711555.jpg

「美味し所の情報交換」・・オバちゃま方の口コミ情報に、間違いはない!
d0114485_17395013.jpgd0114485_1841959.jpg
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-06-08 16:41 | Trackback
d0114485_1393215.jpg

 5月のブログに登場した(風になびく急須. 生土状態編)が、焼きあがった。しかし、なびいていた取っ手は、悩んだ挙句、使いやすさを考えて、普通の取っ手に戻してしまった。
ついでに、急須の子供達(カップ)も一緒に生まれ出る。ひょんなところから思いついたアイデアが、形になりました。このシリーズのアイデアが、頭の中でまだまだ広がっていく~♪
( ローゼン作)
 
ひろ子さん作の急須は、ただいま施釉の途中。・・・もうしばらくお待ち下さい。


d0114485_13101718.jpgd0114485_1310435.jpg
 一個あれば楽しめる。そんな思いで釉薬を掛けてみた。・・・そして最近、赤色を効果的に使う試みを少しづつやってみている。


d0114485_1311467.jpg
 そして、・・・やってきました「ビア カップ」の季節。夏が近づくにつれ、飲みたくなる!作りたくなる!美味しいビールをこのカップに注ぐのだ。   
 「ビアカップ』・・どうせなら、大きい方がいい!・・ヨネ?暑い夏の間、暑さに負けぬよう、いろんな形と模様を創ってみようと頭をひねって考える。
 (ローゼン作)
[PR]
# by rosenclaystudio | 2007-06-06 13:56 | 作品 | Trackback