ブログトップ

ローゼンクレイスタジオ(陶芸教室 熊本)

mrosen.exblog.jp

陶芸教室

カテゴリ:旅( 25 )

d0114485_23134238.jpg
とぶ!
d0114485_23201835.jpg
d0114485_23315633.jpg

[PR]
by rosenclaystudio | 2017-09-06 23:12 | | Trackback
d0114485_12062740.jpg
先のハリケーン「ハービー」のせいで、パニックに陥ったヒューストン。
昨年の熊本地震直後と同じ風景が。その周辺の町々でさえも、あちこちのガソリンスタンドは、車、車の大行列。
d0114485_12130166.jpg
TEXAS の歴史を紐解けば、日本との関係もしっかり見えてくる。
d0114485_12193889.jpg
それにしても、、、、、。
1930年代、テキサスのどこそこの地下から温泉のごとく、湧き出る膨大なオイル!
d0114485_12234256.jpg
綿花や羊毛、お米の為に、欲しくてたまらなかった水は、オイルになって吹き出し続け、たちまち人々はオイルマネー長者になっていった、、、とさ。

それにしてもそんな豊富なオイルの国と、あの頃戦ってしまった日本国を想像すると、、、、、心の底からぞっとする。

なんと、かんと、無知な時代、こうして歴史が紡がれていくのだろう。

気持ちを変えて(、、、散歩途中の多肉植物)
d0114485_12424960.jpg
d0114485_12433872.jpg
d0114485_12444795.jpg
可愛らしさを素通りし、どれもこれも、とにかくデカイ。
、、、熊本の窓辺の多肉植は元気かなぁ〜

[PR]
by rosenclaystudio | 2017-09-05 12:03 | | Trackback
d0114485_10282203.jpg
d0114485_10245147.jpg
d0114485_10251056.jpg
d0114485_10253356.jpg
d0114485_10260093.jpg
d0114485_10270675.jpg
d0114485_10280142.jpg
d0114485_10285390.jpg
d0114485_10291844.jpg
d0114485_10305611.jpg
d0114485_10293399.jpg

[PR]
by rosenclaystudio | 2017-01-14 10:23 | | Trackback
Visit Seoul studio
d0114485_10113717.jpeg
d0114485_10122119.jpeg
d0114485_10125647.jpeg
さくら桜花盛り!今ソウル。
d0114485_10142575.jpeg
d0114485_10145009.jpeg
d0114485_10151388.jpeg
d0114485_10153651.jpeg
d0114485_10204401.jpeg

[PR]
by rosenclaystudio | 2016-04-10 10:10 | | Trackback
展覧会終了後の一息・「ローゼンクレイスタジオ」
d0114485_7394711.jpg
d0114485_740031.jpg

打ち上げ・視察・研修・・・・一先ずソウルへ。

「次の課題を見つけよう」・の旅
[PR]
by rosenclaystudio | 2012-06-07 07:43 | | Trackback
過疎化現象を逆手にとった、観光の町「昭和の町」へ
d0114485_16345365.jpg
d0114485_1635209.jpg

当時の学校給食を出すお店
d0114485_16361244.jpg

美味しく無くても食べてみたくなるこのメニュー↓、コッペパンにクジラの揚げ物、etc・・・。ガラステーブルの上のアルミ食器。
d0114485_16363198.jpg

d0114485_16421935.jpg

昭和のまま、取り残されたフツーの田舎町。町をあげての息を吹き込んだら、
 
d0114485_164254100.jpg
d0114485_16431277.jpg

観光客の賑わいに!
d0114485_16433339.jpg

d0114485_16495643.jpg
d0114485_16502419.jpg

ノスタルジックを噛み締めながらの小旅行。
(大分県・豊後高田の小さな町)
[PR]
by rosenclaystudio | 2011-07-22 16:58 | | Trackback
 あの大雪日のように、2月初旬の父の命日と雪景色はいつもセット。
d0114485_2072971.jpg

 年末からの大雪で、通せんぼ続きの「ミルクロード」がやっと再開通!
d0114485_20839100.jpg

それでも、未だ残る雪景色を縫って父の思い出と、母の待つ家へ。

 ついでにいっそ、懐かしい昭和の味をたっぷり味わってみようと、向かった先は、かつて小国郷で一番にぎわった「杖立温泉」。
 今ではすっかり、ひなびた温泉街
d0114485_20251468.jpg

見つけた宿がカンドウもの!本物のレトロが味わえる築90年?昭和の文豪が密やかに執筆活動したと言われる宿、その名も「葉隠館」
d0114485_2029089.jpg

改装を重ねて重ねて、今ではありえない木造4階立て!
d0114485_20291774.jpg

昭和天皇御成婚の貴重な写真が鴨居の上に・・・・。
d0114485_20293229.jpg

子供の頃よく見かけた床の間の鎧。後ろの壁には、なんと「日露戦争」時代のお歴々の姿!
d0114485_2034261.jpg

d0114485_20475711.jpg

客間の襖絵に、天井画。
これは・・はたして・・山鹿八千代座?、はたまた遊郭か・・・・?!
おまけに1泊2食・破格安値のン千円・・・・・。

 リッチな気分を捨て去って、昭和の匂いとグルメ気分をまとってみたい方に、お勧めの宿^^。
[PR]
by rosenclaystudio | 2011-02-07 20:59 | | Trackback
 大正生まれの母連れて、洞窟の中まで探索の、、、、、旅。
d0114485_11202816.jpg

 
d0114485_1122369.jpg

ひんやりとオゾン、ミネラルたっぷり浴びれば、
d0114485_1126744.jpg

「無謀」の2文字も消え去って、
洞窟の向こうに、光あり ↑
d0114485_11332858.jpg

船酔いしそうな勢いの猛スピード、ぴゅんぴゅん揺れ飛ぶボートを操るおいちゃんの、
海焼けの顔はもしかして、懐に忍ばせたビール焼けかもしれないけれど、、、、。
 
d0114485_1134046.jpg

まあ、いいか、と、人生いつも前向きの母に、教えられること多し。





(呼子:七ツ釜にて)
[PR]
by rosenclaystudio | 2010-07-21 11:44 | | Trackback
 ・・・・・グツグツと、湯気収まらずの話題をひとくち。

(序章)
 ず~~っと前から疑問に思ってたニッポンの運転免許証。

 身分を証明する手立てに一般的に用いられるのは、お手軽な運転免許証、か、保険証、そしてパスポート、。

 海外に出たときいつも思うこと。
 身近に困ることといえば、日本人(東洋人)は、若くみられるから、(お酒を買いにいっても、そうとうな年齢まで、身分証提示あり) コンパクトな運転免許証の生年月日が、せめて「西暦表記」ならどんなに助かることかと。・・・・

 そんなことはともかくも・・・・。

「国際免許証」発行手続きに免許センターへ。


(ここからが本題)
 いつもどおりのやり方で、必要な書類をきっちり揃えサラリと提出、10分足らずで終了。・・・・・のはずだった。
なのに今回、初めて写真で引っかかる。
「なぜぇ?なんでぇ?」

そもそも、「パスポートより大きい免許証」にいつも疑問・・・(デカ過ぎて持ち歩くのに邪魔)。
ついでに「30~40年前のままのレトロ感」に疑問・・・(なんだかダサイ)。
おまけに証明写真は「昔ながらの糊貼り写真」・・・(ベリっと簡単に剥がされるおそれあり)。
すなわち、どれだけ信用度あるのかと・・・・。

d0114485_213223.jpg

 そんな、昭和初期の厚紙に刷られたような「日本国際免許証」・・・海外で、提示する目にあう度に、「何コレ?」と、苦笑いされ、そうとうの後進国気分に陥らされてしまう。
にもめげず今回も、品行方正・きっちり自作のパソコン印刷証明写真を持参した。

なのに、免許センターで怒られた。「パソコンからのプリントは、写真ではない!」・・・・と。

「はぁ?どこが違いますぅ?今まで、何年もず~っとOKだったのに?
 ダメ!の理由を分かりやすく、納得できるように説明してください。」

・・・・どうやら、私は事務官にたて突いたらしい・・・・・。

暗ぁ~い奥の方から上司がやってきて、わけ分からん事をボソボソツブやく・・。

最後に言い放った窓口の事務の一言
「あなたねぇ!今日は「上司」が優しいから許しますけど、次回はそうはいきませんよ!」
と。

 「上司が優しいから今日は許す...?!」
 心の血管がブチンと切れた。
・・・・いかんいかん、アホラシイ、と大きく深呼吸。 


結局、理由はわからないままで・・・・。


 
[PR]
by rosenclaystudio | 2010-03-10 22:21 | | Trackback
 異国情緒漂う長崎の、ランタンの明かりで彩られる夜。
d0114485_21123625.jpg

私の気に入りは、宙を舞う魚たち
d0114485_21124775.jpg
d0114485_2113152.jpg

そして、巨大な金魚の群れ ♪
d0114485_21131928.jpg

d0114485_21205779.jpg
d0114485_21211052.jpg

中国色タップリの光の祭典
d0114485_21133729.jpg

春節祭(中国の旧正月)に始まったランタン祭りは、早春の長崎の一大イベントへと発展し、 
d0114485_21153555.jpg

d0114485_21512615.jpg

タップリ2週間の大賑わい ♪ (2月14日~28日)
[PR]
by rosenclaystudio | 2010-02-17 21:29 | | Trackback