ブログトップ

ローゼンクレイスタジオ(陶芸教室 熊本)

mrosen.exblog.jp

陶芸教室

英国紳士とは。

数年前のこと:
ひょんな事から、イングランドの少年達(高校生)2人を数日間預かる事となった。
 
 イングランド屈指の名門校「イートンカレッジ(中高一貫男子校)」
d0114485_1539518.jpg

ダイアナ元姫の子供達、ウイリアムとハリー王子も通った、あの名門校である。

通常の制服は、いまだに「燕尾服」という、伝統を受け継ぐこの学校の子供達の大半は、ケンブリッジやオックスフォード大へ進学。多くの立派な政界人、財界人、学者、研究者、教育者などを輩出している。
d0114485_15475274.jpg


 そんな英国紳士の卵達を預かることとなり、一番苦労したのは「家の掃除」
 質は高いが質素な国の若者を出迎える方法といえば・・・我家の貧弱さは、どうしようもない・・・のでせめて小奇麗な部屋を・・・ということで、掃除に専念すること3日間。


 不思議の国の若者達がやって来て、家の中はハリポタ状態。
d0114485_1652874.jpg

フツーの若者なのに・・・・どこかが違う。
d0114485_1653722.jpg

ヤンチャ・なのに・・・・上品さが漂う。
d0114485_1654898.jpg

(Christopher . Erica . Oliver ・  ちょっとひと息 )
 
 散歩をすれば、いつのまにやら私を真ん中に、両脇に1人づつ分かれ、一歩下がってさりげなく歩く。
 娘と歩けば、これまたさりげなく、彼女の両脇を守るように歩く。

 決して2人だけでかたまらない。そんな自然な行動に、英国紳士の真髄を見た。

 イングランドの上流階級とは全く無縁の社会に生きていて、こんな「レディファースト」を意識したのは、後にも先にも、これっきり。
 
[PR]
by rosenclaystudio | 2010-03-17 16:20 | | Trackback
トラックバックURL : http://mrosen.exblog.jp/tb/10873292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]